Hard Drive Parts

ハードディスク基板交換: Seagate、Western Digital、SAMSUNG、MAXTOR、FUJITSU、TOSHIBAのHDD.

Seagate製HDDの基板損傷、故障修理、基盤交換

Seagate(シーゲート)HDD基盤の回路基板不良(パワーMOSFET焼損、ダイオード焼損、制御チップ焼損...),HDDがハード的に壊れたからと言って、諦めるのはまだ早過ぎます。このHDDに限らず、全てのHDDは密閉されたディスク(円盤)の入った筐体と回路基板から成り立っています。という事は、もし故障の原因が回路基板ならば、壊れた回路基板だけ交換すれば済む筈です。そして、どうするのか?同じ型番の正常なHDDの基板と交換するだけです。

hdd 基盤交換、hdd基板交換、 ハードディスク基板交換
hdd 基盤 焦げ

a) ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.12

ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.12
ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.12 (100717520)

ボードを交換するには、ボード番号が同じボードを選択する必要があります。 100717520はボード番号です。 Seagate PCBボード番号は100から始まります。

b) ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.11

ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.11
ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.11 (100512588)

ボードを交換するには、ボード番号が同じボードを選択する必要があります。 100512588はボード番号です。 Seagate PCBボード番号は100から始まります。

c) ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.10

ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.10
ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.10 (100406533)

ボードを交換するには、ボード番号が同じボードを選択する必要があります。 100406533はボード番号です。 Seagate PCBボード番号は100から始まります。

d) ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.9

ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.9
ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.9 (100406937)

ボードを交換するには、ボード番号が同じボードを選択する必要があります。 100406937はボード番号です。 Seagate PCBボード番号は100から始まります。

e) ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.8

ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.8
ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.8 (100354297)

ボードを交換するには、ボード番号が同じボードを選択する必要があります。 100354297はボード番号です。 Seagate PCBボード番号は100から始まります。

f) ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.7

ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.7
ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) barracuda 7200.7 (100306336)

ボードを交換するには、ボード番号が同じボードを選択する必要があります。 100306336はボード番号です。 Seagate PCBボード番号は100から始まります。

g) ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) 2.5"

ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) 2.5
ハードディスク基板交換 Seagate(シーゲート) 2.5" (100565308)

ボードを交換するには、ボード番号が同じボードを選択する必要があります。 100565308はボード番号です。 Seagate PCBボード番号は100から始まります。


BIOS(EEPROM)をドナー基板に転写する

hdd 基盤交換、hdd基板交換、 ハードディスク基板交換
BIOS交換

基板交換後、カンカンとヘッドがぶつかる音がすり場合、これは本来HDDごとに工場で設定するヘッド位置の初期値が、回路基板を交換したため入れ替わってしまったためです。

ただしこの初期値は、回路基板上の不揮発性メモリーに残っていますので、この不揮発性メモリーを新しい回路基板に移植してやれば、カンカン音も無くなり、ヘッドも自分の位置を正常に認識できるという訳です。

最もhddボードを持っているユニークなBIOS(romまたはnvramチップ)を含むユニークなデータにアクセスをhddシステムエリア。場合はbios情報は互換性がないであなたのhdd、をお読みする方法はありませhddのデータ。このため、私たちは使用する必要がオリジナルpcbのbiosとき私たちはスワップpcb。biosチップスワップは必見です。

日本を含むすべての国に送料無料
Copyright © 2015 - 2017 HardDriveParts.com All Rights Reserved.